フローリング施工の素材

フローリングの施工

トップ / フローリング施工の素材

工務店,屋根

工務店でのフローリング 

お家のフローリングの張り替えなどは、工務店に依頼しましょう。フローリングはお家の印象を左右する重要なものです、個人でやってしまい、失敗するという話も少なくありません。綺麗な仕上がりを希望するのであれば、工務店に依頼することが間違いないといえるでしょう。まずは依頼をしてみて、見積りを提示してもらいます。その金額に納得できたなら、実際に作業開始となりますよ。やはりプロに依頼すると仕上がりが違います。艶やかで統一感のある仕上がりは、お家のリフォームにも最適です。まずは問い合わせてみてはいかがでしょうか。

2つのフローリング材 

工務店が行うフローリング施工の素材には単層材と複層(複合)材の2つがあります。勿論、各々のメリット・デメリットがあります。前者は、無垢材とも言われ、一枚板です。一枚板と言うと、天然本来の美しさや質感が味わえたりと、アドバンテージに勝るといったイメージがありますが(価格も複層材よりも高い)、デメリットも多くあります。反りやむくりが激しい、傷・クラックが発生しやすいなどです。後者は、呼んで字の如く、2枚以上の板を張り合わせたもので、俗に合板と言われるものです。価格が安いということも大きいですが、現在の工務店の建築ではほとんどのケースでこちらが使われています。使用頻度が高いのは、単層にはないメリットがあるということも言えます。それは反りや伸縮が少ないことやデザインバリエーションが多いことなどです。

© Copyright 屋根のことは工務店で. All rights reserved.